簡単な説明

事業を考えている起案者が開発費用やマーケティング費用を捻出するのに資金が乏しく事業化出来ない場合は、借入によって資金調達します。しかし、事業がうまく行くかどうか分かりません。もし、うまく行かなかった場合でも借入の場合は、元本返済と利払いが発生し、事業に重く伸し掛かって来ます。これは、よほどタフな事業家でないと精神的に追い込まれてしまいます。                     

このような融資による資金調達以外にも、助成金を利用する方法などが有ります。しかし事業として優れた資金調達の方法が、クラウド・ファンデイングです。この方法は、起案者つまり事業家は、借入リスクがなく、市場から広く少なく資金を集められます。

同時に、自社が開発した製品が市場で、どのような評価が得られるかの判断材料にもなります。もし、新製品が優れた機能とデザインを有し多くの需要が見込まれるなら、市場から多額の資金が集まります。この事は、新製品が市場から高い評価を得られたという証になります。

これを進捗状況で表すと

最初の計画

新製品を作って販売したい

資金調達

資金が無いので銀行借入で賄う計画を考える

事業不安

しかし、事業がうまく行ったら問題は無いが、うまく行かなかった時は元本返済に加え金利負担などが発生するので経営圧迫懸念が生まれ対行借入での資金調達はあきらめる。

クラウド・ファンディング

そこで、返済や金利負担のないクラウドファンディングで資金調達を行う事を計画し実行する。

テストマーケティング機能

クラウドファンディング機能にはテストマーケティング機能も内包されており、スタートする事で、製品やサービスのコメントが得られ、本格販売に際してのヒントを集められる。

エンディング

ファンデイングを終えたら、見合った金額の製品若しくはサービスを返戻金としてお返しする

リピート

支援者は客であると同時に、協力な味方となって、今後も継続して支援が得られ可能性が高いので、フォローを続ける。同時に
さらに支援者を増やし事業を拡大していくためにクラウドファンディングを継続して行う。

概ねご理解頂けたと思います。クラウドファンディングとは、資金調達の新たな方法です。元本返済や金利負担も生じないので、おおいに利用していただきたのですが、複雑な面も併せもつのでスタート時は、専門家のアドバイスを受けながら始まる事をお勧め致します。

「クラウド・ファンデイング」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA